地域連携センターとは

公立千歳科学技術大学地域連携センターは、本学の研究・教育成果を地域に普及・還元し、本学の活動の認知を広げることを目的に、2019年4月、公立化と共に設置されました。
「地域の知の拠点としての事業」「産業振興事業」「教育機関との連携事業」「地域での学生の活動」を主軸に、地域のステークホルダーと協力し、広く活動を展開していきます。

ごあいさつ

地域連携センターは「地域と大学を結ぶ組織」です。地域で見つかる課題に対する解決の糸口を探ったり、地域に役立つ成果を他に先駆けて実践し、検証したりします。
これには従来から行ってきた高校との連携、理科実験授業(理科工房)なども含みます。また、公立化に際し、大学の知識と経験を活用して地域の課題を解決するための技術相談窓口として、コーディネータも設けました。
この活動を通じて、これまで公立千歳科学技術大学が培ってきた理工学分野の基盤技術をもとに、地域産業や市民生活を向上させる「スマートネイチャーシティちとせ」構想(略称:SNCちとせ構想)の実現を目指してまいります。

地域連携センター長 山林 由明

地域連携センター長 山林 由明