タウントーク2020 Vol.4をオンラインで開催

Date:2020.11.11

10月29日(木)に2020年の第4回タウントークを開催した。
第1回、第2回、第3回のタウントークと同じ大学の研究室(E106)からオンライン形式で実施した。
前回登録した方や、新規に事前登録した方が参加できるクローズド型の環境で実施し、約20人の方が視聴された。(現在の登録ユーザー数は66名)
19時開催、60分という設定で、オンライン・ライブトーク形式で行ったが、今回も録画したデータをオンディマンドで視聴できる仕組みを設定し、タウントーク終了後、配信を開始した。

第4回目のタイトルは、「コロナから見える新しい教育手法」であった。
事前に教育関係者に対してアンケート調査を行い、タウントークでその内容を紹介した。60分の議論ではオンライン学習に必要なWiFiやPC、タブレット等のインフラ環境、そして授業手法で小中高、と大学で大きな違いがある事が明らかになった。
また、オンライン授業準備の教員負担、そして学習支援サイト(LMS)を利用したティーチング・スキルの向上に関しても、解決すべき課題が多い事が判明した。
この議論を通してポスト・コロナ時代でも常に対面とオンラインを両立できる教育手法の確立が急務であるという点で参加者の意見が一致した。

次回のタウントークは12月3日(木)である。「地域を活性化させる司令塔とは」をテーマに熱い議論を展開する予定である。

 

タウントーク2020 Vol.4をオンラインで開催
タウントーク2020 Vol.4をオンラインで開催
タウントーク2020 Vol.4をオンラインで開催