【活動報告】2022 vol.2 タウントーク を開催しました

Date:2022.08.02

7月28日木曜日に第二回タウントークを開催しました。 今回は”支笏湖が目指すゼロカーボンパーク”と題し、環境省北海道地方環境事務所の支笏洞爺国立公園管理事務所長である千田智基氏がゲストスピーカーとして参加し、2022年3月に全国第6番目のゼロカーボンパークに登録された支笏湖地区について解説してくれました。 ゼロカーボンパーク登録には条件があります。①該当自治体がゼロカーボンシティを表明する ②カーボンニュートラルに向けた具体的な取り組み ③国立公園だけでなく周辺エリア全体の脱炭素化の促進 ④持続可能な観光地作りに資する取り組み ⑤国立公園を利用した脱炭素・脱プラスチック活動の普及・啓発 ⑥具体的な目標やビジョン などです。 これらをクリアする為に支笏湖が取り組んだ活動としては、豊富な水資源を活用した水力発電や、ごみ拾いダイビングなどの環境配慮型アクティビティの実施、電動自転車の貸し出しやEV充電設備を設置するなど地域全体での脱炭素化推進などがあります。その他にも伐採木を再利用したサステナブルな観光地づくりに取り組んでいます。環境省も脱炭素化の取り組みにおいて様々なサポートをしています。 今後も継続して様々な取り組みや整備を行っていくとのこと。これからのゼロカーボンパークに関わる活動にも注目です。   動画アーカイブはこちら      
【活動報告】2022 vol.2 タウントーク を開催しました
【活動報告】2022 vol.2 タウントーク を開催しました