【小林研究室×ちとせバスマップ】協働研究成果報告会で発表を行いました

Date:2022.04.06

【小林研究室×ちとせバスマップ】協働研究成果報告会で発表を行いました

情報システム工学科 小林大二研究室では、市内公共交通機関を利用しやすくする事を目的に、千歳市との協働でサービスの改善について研究を進めています。この度、同研究室の学生7名が協働研究成果報告会に出席し、その成果を発表しました。

 


 
発表は4つのテーマで行われました。いずれも、高齢者のニーズを取り入れるべく千歳市内各所で入念なヒアリングを行い、成果に繋がったものとなります。
報告会に参加していた千歳市企画部の方々からも多くの反響をいただきました。
以下にご紹介いたします。(クリックすると発表資料が開きます)

 


ちとせバスマップの作成

ポケット版バス路線図の制作

高齢者を対象とした路線バス乗り方ガイドの作成

高齢者のニーズに基づいた路線バス施策の検討


 

発表後、千歳市から「高齢者のニーズをよく取り入れ、見やすいカラーリングを採用するなど、よく検討されて制作いただいている、という印象を受けました。利用者の生の声を聞くために、約3か月という時間をかけて、介護予防教室などの現地へ何度も足を運び、信頼関係を築いたとのことで、その点についても非常に良い手法であると感じました。」などの講評をいただきました。

北海道新聞でも「高齢者にも見やすい路線バス地図、ガイド」として4/2朝刊に記事が掲載されました。

 

 


(北海道新聞社許諾D2204-2210-00024876)

 

 

これらのバスマップは、4/1よりJR千歳駅前総合案内所や市民病院、イオン千歳店など市内45か所で無料配布します。実際にお手に取ってご覧になってみてください!